小林弘美先生の「脚を細くすることだったら簡単」TOP > 頬痩せの方法 > 頬痩せの方法

頬痩せの方法について

asimatigai asiyasehoshou

頬痩せの方法

小顔が望まれる昨今ですが、頬痩せをするには、まず日頃の運動から始めましょう。

頬の筋肉に刺激を与え、何よりも張りのある頬にしておくことが頬痩せした場合にも、しわ・たるみのない頬にすることが出来るからです。

頬痩せの運動とは、空気をいっぱい口の中に吸い込み、頬を膨らませた状態を10秒保つこと。

その後、逆に空気を吐き出すときには、頬をキュ〜と尖らせる。

この感じで、やはり10秒間程度保つ。

これを1セットとして、3〜5セットくらいやりましょう。

さて、このような運動の他に頬の脂肪を融解・分解させる方法があります。

注射をするのですが、この頬痩せのための注射は、脂肪細胞膜の構成成分である数種類のリン脂質を一定比率に混合した物で、この注射成分にステロイドやその他のホルモン剤などは一切入っておりません。

この脂肪溶解注射(メソセラピー)の融解 ・ 分解する過程は、まず脂肪細胞膜の成分でもあるリン脂質を用いて細胞膜を不安定にさせます。

ちょうど空気の抜けたタイヤがパンクしやすいのと同じように、不安定になって脂肪細胞の膜が壊れ、1週間から2週間ほどで中の液状の脂肪が出てきます。

その細胞から出てきた脂肪を自身のマクロファージやリンパ管などに吸収され、肝臓や筋肉で分解され、便や汗さらには呼吸となって体外に出て行きます。(デトックス効果)
細胞が破壊されていますし、その後も細胞が再生することはありませんので、この注射は頬痩せには一回だけで効果が出ます。


小林弘美先生の「脚を細くすることだったら簡単」と言い切るこの方法

■エステに行く必要のなくなる部分痩せ方法


脚を細くすることだったら簡単!
■エステに行く必要のなくなる脚やせ法■著書:小林弘美


kousikibar

頬痩せの方法記事一覧

頬痩せの方法

頬痩せの方法小顔が望まれる昨今ですが、頬痩せをするには、まず日頃の運動から始めましょう。頬の筋肉に刺激を与え、何よりも張りのある頬にしておくことが頬痩せした場合にも...